火曜日 2019年春

【アニメ】ワンパンマン第17話を無料動画で観る

更新日:

「ワンパンマン第17話」を見逃した方に、無料で視聴する方法をお伝えします。

「ワンパンマン」あらすじ

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。
だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。
「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」
そんな平熱系最強ヒーローの前に、今日も新たな敵が現れる。
今日こそ本気が出せるのか!?
待望の第2期がスタート!

17話「武術の大会」

災害レベル虎以上の凶暴な怪人たちが、各地で同時多発的に人々を襲い始めた。苦戦を強いられるヒーローたち。一方で徒党を組んだ怪人協会はヒーロー協会重役の誘拐を狙っていた。そして、金属バットとガロウとの熾烈なバトルを見ていた怪人フェニックス男はガロウを怪人協会へ誘う。同じ頃、サイタマが出場していたスーパーファイトが開幕。並み居る猛者たちの中に、過去4連覇を果たした優勝候補、冥躰拳の使い手スイリューの姿があった。

制作スタッフ「ワンパンマン」

原作:ONE・村田雄介 「ワンパンマン」(集英社「となりのヤングジャンプ」連載)/監督:櫻井親良/シリーズ構成:鈴木智尋/キャラクターデザイン:久保田誓/美術監督:池田繁美、丸山由紀子/色彩設計:店橋真弓/撮影監督:大河内喜夫/編集:後藤正浩(REAL-T)/音響監督:岩浪美和/音楽:宮崎誠
オープニングテーマ:JAM Project「静寂のアポストル」
エンディングテーマ:古川 慎「地図が無くても戻るから」
アニメーション制作:J.C.STAFF

声優「ワンパンマン」

サイタマ:古川 慎
音速のソニック:梶 裕貴
シルバーファング:山路和弘
童帝:高山みなみ
ジェノス:石川界人
戦慄のタツマキ:悠木碧
アトミック侍:津田健次郎
メタルナイト:玄田哲章
キング:安元洋貴
ゾンビマン:櫻井孝宏
駆動騎士:上田燿司
豚神:浪川大輔
超合金クロビカリ:日野聡
番犬マン:うえだゆうじ
閃光のフラッシュ:鳥海浩輔
タンクトップマスター:小西克幸
金属バット:羽多野渉
ぷりぷりプリズナー:小野坂昌也
イケメン仮面アマイマスク:宮野真守
地獄のフブキ:早見沙織
無免ライダー:中村悠一
ガロウ:緑川光
スイリュー:松風雅也

音楽情報「ワンパンマン」

オープニングテーマ:『静寂のアポストル』/JAM Project
エンディングテーマ:『地図が無くても戻るから』/古川慎

登場人物「ワンパンマン」

サイタマ(ハゲマント)

声 - 古川慎

C級388位(最下位)→C級342位→C級5位→C級2位→C級1位→B級101位→B級63位→B級33位→B級7位→A級39位(現在)。
物語の主人公。25歳。身長175cm、体重70kg。引き締まった筋肉質の体をしている。

ハゲ頭の男性で、ヒーローとして活動する時は赤い手袋とマントのついた黄色のスーツを着用。私服のファッションセンスは壊滅的。好物は白菜と海藻類。

S級ヒーローや災害レベル「神」の怪人を凌駕する戦闘力を誇り、やる気がない状態でもほとんどの敵をパンチ一発で倒し、吹き飛ばされたりといった影響は受けても傷一つ負わない頑強な肉体を持つ。

「普通のパンチ」「連続普通のパンチ」などを基本技として戦うが、状況によっては「マジシリーズ」を使う。中でも本気の時のみ使う「マジ殴り」が必殺技。

弱点らしいものを強いて挙げるとするなら、技が大雑把で手加減が苦手であること。そのせいで二次災害が起きたり、ソニックへの攻撃の寸止めを失敗したりしている。

本編開始(1撃目)から3年前、就職活動中であったが不採用続きで失意の中、偶然出くわした顎の割れた少年を怪人から助けたことをきっかけに、幼い頃になりたかった「ヒーロー」になることを決意。

3年間ひたすら「腕立て伏せ・上体起こし・スクワット各100回とランニング10kmを体調に異変があっても毎日やる」「朝はバナナでもいいから毎日三食欠かさず食べる」「精神を鍛えるため夏冬問わずエアコンの使用厳禁」といういたって単純なトレーニングに励み、本人曰く、頭髪が全て抜け落ちるほどに自分を追い込んだ末に現在の異常な強さを得たが、周りからはトレーニングそのもので強くなったとは思われておらず、実際にこれほどまでの強さを得た理由は本人もよく分かっていない。

ヒーロー協会加入時の身体能力検査で異常な数値を記録したために不正を疑われ、下馬評からランキングがあまり上がらなかった。くわえて怪人を倒したことの自己アピール・協会への報告を全くせず、強すぎるがゆえにインチキと決め付けられることもあるため、知名度もなく常に金欠気味であり、物語途中まではZ市郊外の廃墟で細々と暮らしていた。

本人曰く「趣味でヒーローをやっている」ので他人の評価は気にしていないと語っているが、ヒーローとして認知されていないことは気にしている。
性格はマイペースで緊張感に欠け、非常に物臭な一面がある。

興味のないことは基本的に無視するので、過去戦った相手が対抗心を燃やし再戦を挑んできても、完全に忘れていることがほとんど。

村田版では中学生の頃から集団や社会になじめず無気力な生活を送り、当時から感情の昂ぶりを求めていた。

ハゲていることに関してそれほど深刻に悩んではいないが、周囲にからかわれたり必要以上に心配されることで腹を立てることがしばしばある。元は割と整った顔立ちなのだが、ハゲたことが原因で、作者によるデフォルメも含め外見面で損をしている。

どんなに強い怪人でもたった一撃で粉砕してしまうため、危機感や緊迫感を久しく感じておらず、その退屈さと空虚さから平時は無気力になっており、協会加入後は他のヒーローとの意識の違いからくる疎外感にも苛まれている。

そのため、手応えのありそうな相手と対峙すると期待する素振りを見せるが、結局は肩透かしを食らって気落ちするのが常である。後にこうした悩みをキングに打ち明けた際、最強ゆえもうやることがないという理由で自ら変わろうとしない点や、ヒーローの本分である人助けではなく戦いに意義を求めている点などを指摘し、傲慢であると咎められるとともにヒーローの在り方を諭される。

これがきっかけでサイタマの意識に変化が芽生え、「最強」ではなく「最高」のヒーローを志向するようになる。

ジェノス(鬼サイボーグ)

声 - 石川界人

S級17位→S級16位→S級14位。19歳。身長178cm。サイボーグの青年。金髪で白目の部分が黒くなっている。「イケメンヒーロー五本指に入る」と評価されるほどでありファンクラブも存在するが、本人はあまり気にかけていない。

15歳の頃に自分の住んでいる街・家族を狂サイボーグ(村田版では暴走サイボーグ)に奪われ、自身も瀕死の重傷を負う。そんな中でクセーノ博士に出会い、家族の仇を討つために自身のサイボーグ化を懇願した。

その4年後、モスキート娘との戦闘に敗れそうになり体内に搭載された自爆装置で道連れにしようとしたところをサイタマに救われ、その圧倒的な強さに憧れて弟子入りを志願する。

弟子入り後は、自身の希望により高額の家賃をサイタマに納め、彼の自宅に住み込み、掃除や後片付けなど身の回りの世話をしながら修練を積んでいる。

サイタマに対してはその強さだけでなく人柄にも心酔しており、彼の何気ない発言に感銘を受けては、すさまじい勢いでノートに書き込むのがお約束となっている。

基本的に寡黙で生真面目な性格をしている。その一方で融通が利かず、目上の存在であっても敬語を使うことはほとんど無い。他のヒーロー等に対しては横柄な言動を憚らないが、師匠であるサイタマとサイボーグの体を与えてくれたクセーノ博士に対しては、敬語な上に非常に礼儀正しく接する。自分の力を過信している一面もあり、先走った行動や無用な争いを起こしてサイタマに諫められることもある。

上記の通りサイタマのファンでもあり、サイタマを侮辱する者や害をなそうとする者には敵愾心をむき出しにする。また、サイタマがヒーローとして世間から評価されていない現状に不満を覚えており、彼がヒーロー認定試験でC級認定された時は責任者に直訴しようとしたり、村田版では自分宛にファンレターが送られる中でサイタマ宛に匿名の中傷文が送られてきた際は差出人を特定して制裁を加えようと怒りを露にした。

スピードを活かした体術と周辺を焼き尽くす熱線「焼却砲」を駆使して戦うのが基本戦闘スタイル。必殺技は連続の拳打「マシンガンブロー」。

災害レベル鬼クラスの怪人と単独で渡り合う実力を持ち、クセーノ博士の改造によるパワーアップもたびたび繰り返されているが、油断による詰めの甘さ(偶然の的中ではあるがサイタマの指摘により自覚するようになる)や周辺住民を庇っての被弾などが原因で、作中ではしばしば敗北することがある。

しかし敗戦の度に反省し、警戒や奇襲、特殊化学兵器の使用などにより、実力を高めている。

タツマキ(戦慄のタツマキ)

声 - 悠木碧

S級2位。フブキの姉。少女のような外見のため周りから子供と勘違いされることが多いが、実年齢は28歳。服装は黒いドレスで、天然パーマがかかった緑髪が特徴。

強大な超能力者であり、強力な念動力の渦に相手を巻き込んでねじ切り敵を倒す様から、ヒーロー協会に本名に「戦慄」という異名を加えたヒーロー名を授与された。災害レベル竜複数体を圧倒する程の戦闘力を持つ。

妹のフブキを溺愛しており、妹をなるべく危険から遠ざけようする。また妹へ危害を加えようと考えている敵に対しては激昂する。

非常にプライドが高く、単独行動が目立つ。自らの低身長を気にしており、子供扱いされると激怒する。

フブキ(地獄のフブキ)

声 - 早見沙織

B級1位。23歳。タツマキの妹で、服装は姉と同じ黒いドレス。姉であるタツマキとは対照的に、身長は167cmありスタイルの良い美形。フブキをタツマキの姉と勘違いしている者も存在する。姉に対しては「お姉ちゃん」呼び。B級ヒーローを束ねた「フブキ組」というグループを率いている。

姉と同じく超能力者であり、念動力によって周囲の物体を操り攻撃することが可能。周囲の瓦礫を超能力によって浮遊、旋回させ相手にぶつける「地獄嵐」という技を持つ。

しかし強大な超能力者である姉のタツマキには及ばず、それがコンプレックスになっている。その超能力による狂風が敵の怪人を地獄絵図へと変える様から、ヒーロー協会が本名に「地獄」の枕詞を加えたヒーロー名を授けた。

食事に関する描写がしばしばなされており、料理上手であることを伺わせる台詞がある。高飛車に振る舞ってはいるものの、根は常識的かつ善良な人物であり、フブキ組のメンバーからも慕われている。

月額制動画見放題配信サービスを利用しよう

インターネット回線を利用して、スマホやタブレット、PCやテレビなど場所を選ばずに視聴可能な、月額制動画見放題のアプリに登録するのをおすすめします。

月額制動画見放題配信サービス会社によっては、アプリ内でダウンロード可能◎

ダウンロードしておけばインターネット回線を使わなくても観れるため、通勤途中や防水対策をしてお風呂場などで視聴できます。

「ワンパンマン第17話」を無料で観るならdアニメ

ワンパンマン第17話を安心して無料で視聴したい方は、dアニメという月額制動画見放題配信サービスをご紹介します。

無料動画配信dアニメをおすすめする理由

まず月額400円というコスパの良さから始まり、昔の懐かしいアニメ動画から新作アニメ動画の配信作品数が多いことが挙げられます。

アニメ作品数が2700作品以上とアニメ動画配信チャンネルとしてはNo.1の実績を誇るアニメ動画タイトル数です。

アニメ動画だけではなく2.5次元ミュージカルやアニメソングのPVもあるので、いわゆる『アニメヲタク』にはたまらなく魅力的なアニメ動画配信チャンネルになっています。

dアニメの料金

31日間の無料期間あり!

ひとまずどんなサービスがあるのか試してみたい方に、入会しやすいサービスとなっています。

それ以降は月額400円(+税)と、他社の月額制見放題動画配信サービスが1000円前後が多い中、圧倒的な安さを誇ります。

作品数が多いにも関わらずこの値段は、圧倒的な安さを誇ります。

dアニメのメリット

・マルチデバイスで利用が可能です

スマートフォンやパソコン、TVでも!

その時の場所や用途によって使い分けることができるので通勤中のお供に、

仕事の休憩時間に、家族とゆっくり大画面で見ることもできます

・ユーザー参加型のイベントなども定期的に開催!

なんとdアニメストアではアニメを見ながらツイッターや投票などの様々な企画されているので、1人ではなくみんなでアニメを見ているような感覚になります

・ダウンロード機能を使えば電波の届かないところでもいつでもどこでも
見たいアニメ動画を見ることができます!

・オープニングスキップ機能

痒いところに手が届く。オープニングをスキップしてくれる機能があります!

連続でアニメ動画を見たい方にオススメ機能です。

放送スケジュール

■TVアニメ「ワンパンマン!」

テレビ東京  毎週火曜日 深夜1:35~
テレビ大阪  毎週火曜日 深夜1:35~
テレビ愛知  毎週火曜日 深夜1:35~

ニコニコ生放送  毎週火曜日 深夜1:35~
あにてれ  毎週火曜日 深夜1:35~

AT-X  毎週金曜日 21:30~
  リピート放送  毎週日曜6:30 / 毎週月曜13:30 / 毎週水曜29:30

配信:dアニメストア、niconico、AbemaTV、GYAO! ほか

今回お伝えした内容をまとめると

✓「ワンパンマン第17話」を観るなら、月額制動画見放題配信サービスのdアニメがおすすめ

✓アニメ作品数が2700作品以上とアニメ動画配信チャンネルとしてはNo.1

でした。

「ワンパンマン」についてもっと詳しく知る

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。

頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。

しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

テレビ東京ほかにて、第1期が2015年10月から12月まで放送され、第2期が2019年4月より放送中。

AT-Xを除く全局では、第2期開始前週に戸田恵子のナレーションによる特番『一撃でわかる!TVアニメ「ワンパンマン」マジ振り返り!』が放送された。

ストーリーは村田版をベースにしつつ、アニメオリジナルシーンも多く挿入されている。


-火曜日, 2019年春

Copyright© 無料で動画アニメを観よう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.